イクオスとミノキシジルの違い!効果・副作用の有無を比較

イクオス育毛剤とミノキシジルはどっちがイイの?と悩んでいませんか。

イクオスはネットでの評価が良いので、「もしかしたらミノキシジルよりも効くかも?」と期待している人は多いです。

はじめに結論を書いてしまう

  • 毛を生えさせるならミノキシジルの圧勝!
  • 細くて短い弱った毛を育毛するならイクオスはあり!

です。

僕は今までにイクオスもミノキシジルもいろいろ使ってきましたが、今はイクオスを使っています。

おかげで生え際のM字ハゲは落ち着いて、気にならないレベルにまで復活しています。

今回は、イクオスとミノキシジルの違いについて「効果」「副作用」「値段」の点で比較しました。

後半では、イクオスを使った方が良い人、ミノキシジルを使った方が良い人も解説しています。

イクオスとミノキシジルの効果の違い

ミノキシジルは薬に分類される成分で、唯一発毛(毛を生えさせる)効果が認められています。

薬の中でも作用が強いので、薬局で買うときは薬剤師さんの説明を受けないといけないくらい。

一方のイクオスは、薬ではないので使っても毛を生えさせることはできません。

ということで、発毛効果に関して言えばミノキシジルの圧勝ですよ。

では、イクオスを使うのは意味ないの?と思う方もいると思います。

イクオスは今生えている弱った毛を育毛したり、これ以上酷くならないよう抜け毛の予防をするもの。

ミノキシジルのように毛を生えさせることはできないけど、弱った毛を育毛すれば地肌が透けなくなりますし、ハゲから復活することもできます。

特にハゲ初期の場合、いきなり毛がなくなるのではなく、太かった毛が細く短くなります。

すると、髪の密度が少なくなるので地肌が透けて禿げたように見えるというわけです。

※けがの太さの画像があれば載せる

ハゲ初期の場合、しっかりと毛は生えているのでイクオスでも期待できるというわけです。

僕がイクオスを使い始めたのもハゲ初期で、まだ生え際に産毛がたくさん生えていました。

※僕がイクオスを使って復活するまでの様子は「イクオスの効果を1年以上使った男が本音で紹介!良い所・悪い所は?」の記事で写真付きで紹介しています。

既にハゲが進行しすぎてツルツルになっている場合は、ミノキシジルを使わないと実感できません。

【結論】
・ハゲ初期で毛が生えているならイクオスの効果を実感できる
・ハゲが進行しすぎて毛が生えていないならミノキシジルを使うしかない

イクオスとミノキシジルの副作用の違い

ミノキシジルは世界で唯一毛を生えさせる効果があるだけあり、その副作用の心配されています。

『リアップ』『メディカルミノキ5』などの塗り薬の場合、次のような副作用があります。

・最も頻繁に生じる副作用は何ですか?
・塗布した部分に生じるかゆみと炎症です。このような症状が現れた場合には、ご使用をおやめください。重症な場合であったり、症状が度重なる場合は、医師に相談してください。
引用元:大正製薬

「ミノタブ」と呼ばれるタブレットタイプの飲み薬の場合、次のような副作用があります。

・ミノキシジルタブレットにはどんな副作用がありますか?
・代表的な副作用として、多毛症(全身の体毛が濃くなる)になることがあります。これはミノキシジルタブレットの発毛効果が、毛髪だけではなく全身の体毛に影響を与えるため起こる症状と考えられています。
引用元:聖心毛髪再生外来

特にミノタブは飲み薬で全身に作用することもあり、副作用を心配する声は多いのが実情です。

実際、男のハゲ治療のガイドラインとなっている「男性型脱毛症診療のガイドライン」では、ミノキシジルタブレットは推奨しないD評価となっています。


引用元:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

これだけミノキシジルの副作用に注意喚起されているので、
「ミノキシジルを使いたくない」
「ミノキシジルを使ったけど副作用が出て酷かった」
という人も少なくありません。

僕も以前に一度だけミノキシジル含有の発毛剤を使ってみましたが、頭皮が痒くなって続けることができませんでした。

ミノキシジルは一度副作用が出ると二度目は使わない方が良いと言われています。副作用が出るリスクが高いですからね。

なので、ミノキシジルの副作用が心配な場合はイクオスを選んでおいた方が良いです。

イクオスは薬ではないので副作用の心配はほとんどない

イクオスはミノキシジルのような強い効果はないので、副作用の心配はほとんどありません。

また、無添加で肌刺激の強い成分は含まれていないので、使いやすいと好評です。

以前ミノキシジルで副作用を経験した僕ですが、イクオスは何も問題なく使うことができています。

そのため、ミノキシジルを使いたいけど使えない人もイクオスを試してみる価値はあると思いますよ。

【結論】
・ミノキシジルは薬なので副作用のリスクあり
・副作用が心配なら低刺激なイクオスがおすすめ

イクオスとミノキシジルの違い

※ここに図

イクオスと主要なミノキシジル含有の発毛剤を比べてみました。

イクオスの場合、育毛剤とサプリメントがセットになって他の発毛剤と同等の値段となっています。

僕もイクオスを使っていますが、安いので続けやすいのは助かっています。

以前使っていた割高なサプリから乗り換えただけで、給料日前には余裕がありますからねー。

イクオスもミノキシジル発毛剤も、最低でも3か月から6か月は続けることが推奨されています。

育毛剤を使ってもすぐに変化が出ることはないので、ある程度続けることが必要なんですよ。

なので、最低でも3か月から6か月程度は続けるつもりで予算を見ておいた方が良いです。

高額なモノを1回2回で辞めるよりも、続けられるものを選んだほうが実感しやすいですからね。

ミノキシジルがおすすめな人

  • ハゲが進行しすぎて毛がないから、発毛させたい人
  • 育毛剤を使ったけど実感できなかったから強力な効果を期待する人

ミノキシジルは薬なので、イクオスは他の育毛剤のように手軽に使うことはできません。

薬剤師さんの説明を受けた上で、用法容量を守って適切に使うことが大切です。

また、副作用のリスクの恐れもあるので、もし違和感を感じたら近所の皮膚科に相談に行くようにしましょう。

ちなみに、より強力なミノキシジルタブレットは市販されていません。

使う場合は、薄毛治療を専門に取り扱うAGAクリニックを受診して処方してもらいましょう。

AGAクリニックの場合、万が一副作用が出ても適切に処置してもらえる安心感はありますよ。

イクオスがおすすめな人

  • ハゲ初期で薄いけど細い毛はまだ生えている人
  • 副作用のリスクなく手軽に育毛したい人

イクオスはミノキシジルのように毛を生えさせることはできません。

でも、ハゲ初期で毛がまだ生えているなら、生えている毛を育毛すればハゲを解消することも可能です。

細くなった毛が太くなれば、髪の密度が増えて地肌が透けなくなりますよ。

イクオスは他の育毛剤と比べて実感する人も多いので、ハゲ初期で毛が生えているなら試してみる価値はありです。

僕も生え際が復活できましたし、他の人も実感しているのでリピート率は高いです。

45日間の返金保証が用意されているので、もし効果がなければ購入代金は返ってきますよ。

【追記】

イクオスを使い始めて1年が経過しました。

1年間イクオスを使ってみた変化は、「イクオスの効果を1年以上使った男が本音で紹介!良い所・悪い所は?」でまとめたので参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です